独立したいと思ってるだけで独立できるほど甘くはない!動かないと道はない

独立は甘くない





どうも!モリオ(@yome__kawaii)です。

東京もやっと涼しくなりましたね。
最近はかなり忙しくしています。

営業に都内をぐるぐる回ってますよ!クライアントを増やさないといけません…。
今のクライアントさんがずっと契約してくれる訳ではないですからね!

今回は、昔の会社の元同僚のおじさんと飲みに行ったことについて書いていきます。

独立する方法と必要な力とは?独立を目指している方はぜひ読んでください!

2018.09.05

この記事の「知人」です。

知人
どうやったら独立できるの?必要なこと教えて!

結局、「独立・起業」ってノウハウを知ったり独立したいと思っているだけじゃなくて
行動しないと何にもならないんですよね。



今の仕事に不満があるのならば行動するしかない!

仕事の不満をLINEする

今月の頭に前職の同僚からLINEが来ました。

元同僚
今度の月曜日飲みいきませんか?

前職で少し話した程度のおじさん…、なんか探られるのかな?

モリオ
いいですよ。

正直飲みいくのめんどくさいなぁ…。と思いましたが、ちょうど出かける予定があったので行くことにしました。


会社の愚痴を聞くのかと思っていたら…

前職の後輩とは結構頻繁に飲みに行くことが多いので、
僕が退職してから会社がどうゆうふうに動いているとか、昇進や降格の話は知っていました。

実際その日に会う元同僚のおじさんが、「降格」していることは知っていたので

モリオ
会社の愚痴でも聞かされるのかな?

と思っていました。

会社の不満を聞くことは、仮に今後会社を大きくして人を雇う時の参考になるので極力いろんな人の意見を聞くようにしています。
人間いろんな不安で転職していますが、その人の価値観で理由も様々ですからね。

久しぶりにおじさんに会うと、やっぱり会社への不満でした。

元同僚
全然わかっていない…。俺いつ「肩叩かれる」かわからない…。
肩叩かれるの意味

肩たたき(マッサージ)のことではなく、会社をクビになるという意味です。

モリオ
…。(確かに、年結構行ってるし、そもそも太ってて仕事できないしな。)


漢なら後輩に抜かれるのはやっぱり悔しい

今回、相談?を受けた元同僚は50代です。
僕と一回り以上年の離れたおじさんです。

前職の同僚に聞いていた話だと、このおじさんは降格して、20代前半の後輩にマネジメントされる側になったとか…。
実際逆だったら悲しいですよね。
大企業ならまだしも、30〜40人の会社なので…。

元同僚
会社に尽くして来たのに…。

正直前職の経営をわかっているので、会社としてはこの人をやめさせたいんだなぁ…と何と無く分かります。

モリオ
なるほど…、ちなみに何かされたいことあるんですか?転職とか独立とか?
元同僚
歳的に、転職は厳しいから、起業しようと思ってる…。

そりゃそうですよね…。
高齢になってからの転職はリスクが大きいです。
希望どうりの仕事に就ける可能性もかなり低いのが現実です。

給料が低いことも不満の原因になる

他に不満とかあるのかなぁ。と思って

モリオ
ちなみに会社への不満は待遇だけなんですか?
元同僚
…。正直「お金」だよね。同世代がもらっている給料に比べてめちゃくちゃ低いんだよ。老後が心配なんだ

……。たしか、この方は転職先がなくて今の会社に頭を下げて入っているはず…。
会社からしてみたら、こんなこと言っているとは思っていないだろうなぁ…。
時間が経つと人間の考え方は変わるものですね…。

結局「お金」って大切な要素だと思います。


50代が60歳でリタイアを考えるなら早く起業するべき

モリオ
そうですよね…。やってられないですよね。いくらくらい稼ぎたいんですか?
元同僚
うーん、まだ考えてないけど困らないお金が欲しい

…、まだ考えてない??
そもそも、老後が心配ならどのくらいのお金が必要なのか考えるべきではないのか…。

モリオ
…。なにで起業されるんですか?
元同僚
うーん、今の仕事の延長がいいと思うんだけど、60歳で引退したいよね。

50代で60歳を引退と考えているならば、一刻も早く独立するべきだと思います。

モリオ
ビジネスのアイデアがあって働く期間も決まっていて、会社に未練がないのであればすぐにでも独立した方がいいのではないですか?
元同僚
うーん、そう思うんだけど今じゃない…。
モリオ

は??
なんなのこのおっさん



独立への足枷は歳を取るほど大きくなる!

なんで、「今じゃない」のか?
独立するのはいつならいいのか?
もちろん、その人の人生なので僕がどうこう考える問題ではないですが興味があったので聞いてみることにしました。

なんですぐに独立しないのか?

モリオ
なんかいろいろタイミング見てるんですね?ちなみになんですぐ起業されないのですか?
元同僚
うーん、ちょっと恥ずかしいんだけど。

  1. 降格されてすぐ辞めるのは、負けたみたいで恥ずかしい
  2. 上場するって聞いてるからタイミングその後がいいと思っている

からなんだよね。

降格されてすぐ辞めるのは恥ずかしいことなのか?

降格って結構精神的に負担は大きいですよね。まして歳も20歳以上離れた上司ができると気が滅入ってしまうのは理解できます。
しかし、それと独立は別なんじゃないのかと思うのです。
「負けた⇨辞める」は転職だったらすこし躊躇するのは分かりますが…。そもそも「起業」は逃げでもなんでもない「勝負」ですので

「会社に認められないのなら自分で自分の才能を開花させる!」

千載一遇のチャンスだと思います。

モリオ
たしかに…。でも「降格」が恥ずかしいから独立できないと考えるのは違うんじゃないですか?その考えだと昇格するまで独立できないとも取れますが…。そもそも独立は逃げでもなんでもないと思いますが…。
元同僚
…。それはそうなんだけど…。

見栄とかプライドのことを考えて綺麗に独立して新しいビジネスを開業するのは不可能だと思います。


上場して儲けるのは…。何年後?必ず来るの?

ベンチャー企業はIPO(上場)を目指している会社がほとんどです。
前職も僕が入社したころから「上場する」ことを目標にしています。

たしかに、上場してくれればストックオプションでお金儲けできるかもしれません…。
しかし、それはすべて「他人任せ」のことです。

経営に参画して「上場」させるために行動しているならまだしも…。
「棚から牡丹餅」を期待して、上場したら辞めるとか…。正直何年かかるのかわかりませんし、待つのって無駄じゃないですか?
そもそも上場できない可能性も結構あります。

モリオ
上場ってたぶんあの会社しないというかできないと思いますよ。売上そんなによくないですし。Webコンサルの会社って星の数ほどあるのにあそこに投資したいって人はどのくらいいるのかわかんなくないですか…。
元同僚
そうなの?全然知らなかった…。

他人任せの考えは、相当に情報収集しないと「ギャンブル」でしかありません。

独立するのはいつならいいのか?

正直、人間って成長しないですよね。
会社員を長年やっていると守られている意識が高いので、お金が入ってこないことに恐怖をそんなに持っていないものです。
しかし、独立するとお金を自分で生み出すしかないのです。

モリオ
そうなんですね…。ちなみに独立の時期っていつぐらいを考えているのですか?
元同僚
今じゃないし、今年でもない。会社が上場したタイミングを考えてたけど3年後とかかな。
モリオ

は?!まじで??
今どころか、独立する気ねーじゃん。
その辺の新卒で会社に不満があることなんもかわらないじゃねーか!

3年後…。そもそも今の会社潰れてなくなってるかもしれないのに、なんでわざわざ時間とって50代のおじさんの話を聞かなくちゃいけないのか…。


独立する気もないのになんで意見を求めて来るのか謎でしかない…

その後も、

元同僚
独立する前に準備することって何?
元同僚
何があれば独立できるの?

とか、めちゃくちゃ質問されましたけど…。
ちゃんと一生懸命話しましたけど…。

そもそも、「独立・起業」する気もないおじさんにアドバイスしても何もないんじゃないのか…。
と思うのと同時に、ビジネスについての意識の差は感じました。

やっぱりなんの後ろ盾もない状態でビジネスをすると成長というか生きる力が強くなります。

一度きりの人生、自分に素直になってどれだけ努力するのかで変わる!

結局、元同僚のおじさんとの会食はこんな感じで終わりました。
人の生き方や考え方を知るのは楽しいのかもしれません。

このおじさんも、同僚が独立したからどんな感じなのか興味があったのでしょう。
しかし、独立した人の話を聞いて満足するだけなら誰にでもできます。

終わりの方に、おじさんがやりたいことの仕事を紹介できるので、

モリオ
本当に独立されたいと思っているのならば、仕事紹介するので土日とか休みの日に副業されます?

と聞くと

元同僚
いや、今はタイミングじゃない。

とのことでした。
結局そうゆうことです。言ってるだけで行動しないのです。

このおじさんの独立しない本当の理由はおそらく、「お金」と「やる気」なんだと思います。
口だけで独立したいと言っても、行動しないと何もついてこないのです。


独立に迷っているなら、小さなことから始めると自信がつくので副業しましょう

副業するおじさん

独立は怖いことです。
守られている環境や仲間は一切いなくなります。

言い訳なしで成果を出さないと、食っていけなくなります。

しかし、成功すれば会社員でもらえる給料以上のお金を稼ぐことができるのです。
オススメは、会社員をやりながら週末起業することです。

自分がやりたいビジネスを週末や会社終わりにして少しずつやっていくと効率的に独立することができます。
会社員をやっているのでお金も心配する必要はないですし

副業として別の収入源にもなります。
成功事例があれば、「自信」をつけることもできるのです。
僕自身、独立の約3ヶ月前から副業として今の仕事を週末にやっていました!

嫁に独立を認めさせる方法!鬼嫁でもこうすれば納得してくれる。

2018.04.25

独立する前に準備しておくべきスキルについて考えてみた

2017.10.23

お金を稼げるようになると、独立もすぐそこです。

まとめ

独立の相談

今回は、元同僚から受けた相談のレビューでしたがいかがでしょうか。

漢なら「自分でビジネスをしたい!」と思うのは当然でしょう。女性で起業されて成功している時代ですからね!
しかし、いつか独立できると甘く考えていては一生何もできないまま終わるのも事実です。

独立している社長が天才なわけではないですが、成功されている人が努力しているのは事実ですし
リスクを背負ってビジネスしているのも事実です。

独立する方法と必要な力とは?独立を目指している方はぜひ読んでください!

2018.09.05

リスクを取らないと独立はできません。

僕自身、おじさんと話して考えることがありましたがその後あの人はどうなるのか??
進展があれば、記事にします(おそらくないですが…)
では、読んでくださってありがとうございました。