転職するなら理由を自分の中で考えをまとめることが何よりも大切!

転職するなら自分の中で考えをまとめることが何よりも大切!





どうも!モリオ(@yome__kawaii)です。

会社員は誰でも一度は考える転職。

今の時代、終身雇用はなくなっているので転職することは珍しくありません。

でも、

モリオ
転職しようかなぁ…。でも、転職していいのかなぁ?

と悩みますよね。

会社を辞めるのは思っているよりも簡単です。ですが、いざ会社を辞めるのは躊躇してしまうものです。

いままでの人間関係も、会社への思いも…。

そして転職してからやっていけるのか?という思いもありますからね!

僕自身転職を2回してますので経験をもとに転職する時に、一度立ち止まって考えるべきことを記載していきます。

転職は誰のためではなく自分のためにすることなので答えを自分の中で出しましょう!!



本当に転職したいのか考えることが大切!

転職を考える

実際に今の職場を転職して自分のためになるのかよく考えてみましょう。

モリオ
なぁなぁでなんとなく転職すると失敗することが多いのでしっかり考えるのが大切です!

一度転職してしまうと元の職場に戻ることは難しくなるので、本当に転職する必要があるのかどうか自分の中で結論を出す事が大切です。

ごく稀に出戻りで、元の職場に戻られる方はいますが、あまりおすすめできません。

転職失敗で後悔しないために考えておくべきこと

転職失敗で後悔しないために考えておくべきこと

2019-03-10

簡単に転職してしまうと後悔することにもなりかねませんので、即断即決するのではなく、時間をかけて結論を出すことが大事です。

直感に従うことも大切ですが…、考えて結論を出すことはもっと大切です!

一時的にネガティブな気持ちになっている時には他の職場に移りたいと考える事もありますが、しばらく時間をまとめてとると考えが変わる可能性もあるので、自分の本心と向き合いよく自問自答するようにしましょう。

考えても結論が出ない場合にはまだ転職するまで気持ちが踏み切れていない事も多く、更に検討する必要が出てきます。

本当に転職しても良いという気持ちが固まって決心するとあとで振り返った時に後悔することが少なくなります。

自分の本当の気持ちを考えて転職するべきか転職しないべきなのか考えるといいでしょう。

考える場合は自分ひとりで考えるだけではなく、まわりの友達に相談してみるといいです。

「会社辞める宣言」してる人っていつまでもやめない説

「会社辞める宣言」してる人っていつまでもやめない説

2019-03-07

相談する相手がいない場合はネットなどを利用して、他の方の意見を取り入れるのも一つの手段ではあります。

多くの意見を取り入れる事で、より的確に自分の考えを固める事ができるようになり、本当に転職しても良いのか決断することができるようになります。

モリオ
まぁ、本当に転職したい場合は悩まないことがほとんどのようですね。


転職理由は人に話せるレベルなのか?

転職理由 人に話せるレベル?

転職を考える場合、自分自身の中でも転職すべきかしないべきか迷っていることがほとんどです。

転職をしたい時に考える事の一つ、転職理由が明確にあるのかは大切です。

その転職理由も実際に自分だけの中の物ではなく、実際に人に話す事のできるレベルの内容でなければいけません。

なんとなくと言った理由ではなく、人に話せる事ができるまでのレベルまで転職理由が明確であれば、人に相談もしやすくもなります。

人に話せるレベルに達していない場合は、転職理由として明確という事はできません。

実際に転職活動をする時にも面接官に退職理由を伝えられなければ志望する会社にまず入れません!

転職理由=(次の会社への)志望動機となるまで真剣に考えるべきです。

誰が聞いても納得する事のできる明確な理由があれば自分の中でも納得しているということです。

人に話せる内容の物であれば、進んで転職活動を行うことにも後ろめたい気持ちを感じることもなくなります。


転職しないと解決しない問題なのか?

転職理由 パワハラ

今の職場ではできない事なのか、また実際に転職しないと解決する事が出来ない問題なのか考えるといいです。

転職をせずとも考え方や方法によっては解決する場合もあるので、自分の考えを上司や同僚に聞いてもらい相談するのも一つの手段です。

ヤメハラとは?転職者が増えると新たな問題が発生する?!

ヤメハラとは?転職者が増えると新たな問題が発生する?!

2019-02-12

自分の中で抱えているだけでは解決ができない問題も上司や同僚に相談する事によって、解決ができる可能性もあります。

そこで解決しなかった場合は転職をする事も視野に入れて行動をすると良いでしょう。

実際に動く前に自分の中で解決できないと決めてしまうと損になりますので相談できる環境なら相談してみましょう。

転職は必ずしもプラスになるとは限りません。

あなたにとっても企業にとってもマイナスに作用することの方が多いです。

職場で話をするのが難しい場合には飲みの席やランチの時間で相談してもいいでしょう。

本音を話すこともできるので、転職をしなくても解決できる手段が見つかるかもしれません。

先輩や同僚も会社辞めたいと思ったことがない人は少ないと思います。

今まで改善をした経験を教えてもらえるかもしれません。


どうせ転職するのであればやりきってしまうのもあり?!

転職すると決めたら今行っている業務については、全力を出してやりきるようにしましょう。

どうせ転職するのだからと考えて、行動を行うと自然とポジティブに仕事をこなす事ができるようになります。

今まで嫌々していた仕事に関してもこれが最後だという気持ちで取り組む事が出来るようになるとやる気も出てくるようになり、この仕事を続けたいという気持ちが出てくるようになるかもしれません。

実際に面白くない仕事だと感じていても転職してしまうと同じ仕事をすることはできなくなるので、それならやりきってしまうのが一番です。

人生は一度しかないので、手を抜いて仕事をしてしまう事に慣れてしまうと他の職場に転職しても同じ事の繰り返しになってしまいます。

完全にやりきる事で自分の気持ちを明確にする事にも繋がりますので、次の職場に転職した時にも新鮮な気持ちで業務を行う事が可能です。

転職するのだからと仕事を投げ出してしまうと気持ちも整理がつかなくなり、転職活動も上手く行うことができなくなるので注意が必要です。

自分の全力を出し尽くして仕事をすれば、周りの評価も上がるので、次の職場への後押しにも繋がる可能性が出てくるため、全力を出し尽くしましょう。

人間関係で悩んでいる場合も、自己主張して見るのもアリです。

辞める時までいい人である理由はありません。

むしろ自分の意見を主張することで人間関係がよくなればラッキーです。


まとめ

転職 まとめ

転職をする際には安易な考えで転職活動を始めるのではなく、本当に転職をしても良いのか自分の中ではっきりとした答えを出すことが大切になります。

自分の中ではっきりとした答えを出せれば、転職した後後悔することはなくなります。

まずは人に話せるまで自分の意見を固めましょう。

次に意見が固まれば、実際に転職しないと解決しない問題なのかどうか考える必要があり、そこの精査を行うようにして下さい。解決しない問題なのかどうかは、職場での意見交換も必要になるので上司と話し合ってもいいでしょう。