WebサイトをSSL化してみた。エックスサーバーでhttpをhttps化するのはかなり簡単だった

セキュリティ強化





どうも!モリオ(@yome__kawaii)です。

昨日このyk magazineをhttpからhttps化してみました。

いわゆるSSL化ですが、何が変わるのか実際わかりませんが・・・。

モリオ
なにもかわりませんけど

最近Webサイトを見ているとSSL化していることが多いですよね。

エックスサーバーを調べて見ても、SSL化無料でできると書いてあったのでSSL化してみました。

今回は、エックスサーバーでのhttps化の方法について書いて行きます。

SSLとかhttpsってなに?

モリオ
SSLって何それうまいの?

状態ですが、天下のGoogleさんが勧めているWebサイトの暗号化のことですね。

一般的に、Webサイトって

http://yome-kawaii.com/」とか「http://www.yome-kawaii.com/」って表示されていますが、この赤文字の部分を「https://yome-kawaii.com/」に変更することです。

モリオ
業者さんに頼まないといけないのかなぁ・・。ライセンス費用とか高いのかなぁ

とやることをためらっていましたが、そんなに難しくないことを知ったのでやってみることにしました。

エックスサーバーでSSL化する方法

僕のこの「yk magazine」ですがレンタルサーバーはエックスサーバーです。

サーバーにログインをして設定をすればhtts化されたドメインを取得することができます。

しかも無料で!!

エックスサーバーの設定

上記の「SSL設定」をクリックします。

SSL設定

「選択する」クリック後に「独自SSL設定の追加」で、SSLされたドメインを取得できます。

それだけです。

詳しくは、こちらにエックスサーバーの設定方法について書いてありますのでご覧ください。

WP側の設定について

その後、WP使っている方は、

「設定」⇨「一般の」なかの「WordPress アドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」の設定内容を、https通信時のURL(https://~)に変更すれば設定完了です。

これだけで設定完了します。

めっちゃ早いです。

ちなみに、https化してしばらくは反映されないので、1時間くらい待つと反映されます。

モリオ
やばい!データ消えた!

と昨日は慌てましたが、1時間くらいでうまくhttps化されていましたので焦らず待ちましょう。

まとめ

別に趣味のブログなので、httpのままでもよかったのですが、気が向いたのでやってみました。

サーバーの知識なしでTRYしてみたので内心ドキドキでしたが…。

皆様ももし、SSL化される場合は、データのバックアップをしてからやられることをおすすめします。

WPの「設定」⇨「一般の」なかの「WordPress アドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」をいじると最悪の場合WPの管理画面に入れなくなることも無きにしも非ずです、

強い心でSSL化してみてはいかがでしょうか?



ABOUTこの記事をかいた人

モリオ

どうも!モリオです。 今年、長年付き合っていた恋人と結婚しました。 うちのかわいい鬼嫁について記事を書いていきます。 少しでも、読んでくださった方の役に立てればこの上ない幸せです。