オオクワガタ値段が下がってる、昔は憧れだったのに今ではゴキブリに見えて触れない話

オオクワガタの画像





どうも!モリオ(@yome__kawaii)です。

夏休み、学生にとっては楽しい時期ですよね!学校や時間に縛られることがなく好きなことができる1年に1度のビッグホリデー!社会人は長期休みどんなに取れても1週間くらいでしょうか。
夏休みは、お子様がいらっしゃる方は大変ですよね。今回は、昔さわれていた昆虫も今では触れなくなった話です。ちなみに、オオクワガタがネットで買えるって知ってましたか?

昆虫採集は男なら通る道!その中でも憧れだった「オオクワガタ」

昆虫って小中学生のころって普通に触ったり、採ったりしていませんでしたか?

僕の実家はとても田舎なので、カブトムシもたくさんいて、朝から晩まで昆虫を採って遊んでました。セミとか素手で掴んでいましたし、ありとあらゆる昆虫は観測したり採集をしていました。

ひどい時は、カマキリの卵を見つけて、自宅に置いておいたら寝ている間に孵化してカマキリ大量発生して親に怒られた経験があります。

モリオ
カマキリってすげー
と幼ながらに思ったことがあります。

そんな中、一番興味があったのは、「黒いダイヤモンド」と当時言われていた、オオクワガタ!

オオクワガタの値段がめちゃくちゃ下がっている

僕が、学生当時「オオクワガタ」は「黒いダイヤモンド」と言われていて値段も相当高かった思い出があります。

当時のニュースでは100万円以上していました!

少年モリオ
すごい高いな!捕まえて売ってやろう

と意気込んでいたことを覚えています。

必死で探していたもののオオクワガタは見つからず、というかいろんなクワガタがいたので、「コクワガタ」との違いがわからずにいました。

今思うとオオクワガタ捕まえていたのかもしれません…当時売っとけばそれなりの金額になっていたかも?!

今はAmazonでもオオクワガタを買える時代です。恐ろしいですね僕たち小学生の頃から考えると信じられません。しかも安い…

先日、知人に「オオクワガタ」のブリーダーをやっている方がいて、相場がだいぶ変わっていることを聞きました。

今では、オオクワガタは2,000円〜くらいから販売されているそうです。以前は難しいとされていたオオクワガタの繁殖方法がブリーダーの間で一般的になったとのことでした。

どの業界にもコレクターはいますよね。

「だったらオオクワガタ買おうかな」とはならず

昔は、憧れだったオオクワガタですが、今では全く興味がありません。

理由は簡単です。「黒い昆虫」=「ゴキブリ」に見えてしまうからです。

昔はあれだけ必死に追いかけていた、クワガタやカブトムシですが、都内での生活が長くなるにつれて魅力がなくなって行くものです。それほど、ゴキブリの破壊力はすごいです。

ゴキブリ見ると身の危険を感じます。なぜでしょうか…

将来子供ができた時は、虫取りに行ってあげないといけなくなるんでしょうね、どうしたものか。とりあえず甥っ子があと何年かすると昆虫に興味を持つはずなので様子見ようと思います。

ちなみに、野生でオオクワガタ見つけるのはかなり難しいですよ。見分けつかないし

現在の、小学生とか昆虫に興味あるのでしょうか、今ではいろんな技術が発達しているので「ポケモンGO!」のようにARの世界で昆虫を採取する時代になるのでしょうか?オオクワガタは「伝説の昆虫」みたいに取り扱って欲しい。

今日の教訓
昆虫採集に付き合う親は素晴らしい



ABOUTこの記事をかいた人

モリオ

どうも!モリオです。 今年、長年付き合っていた恋人と結婚しました。 うちのかわいい鬼嫁について記事を書いていきます。 少しでも、読んでくださった方の役に立てればこの上ない幸せです。