宅建おすすめテキスト!宅建の難易度と合格するための勉強方法






国家資格で何か資格を取りたいと考えている方向けに

今回は「宅建」の難易度と合格するための勉強方法について記載していきます。

宅建とはどんな資格なのか、合格率はどのくらいなのか、難易度はどのくらい高いのか、宅建合格のためにおすすめのテキストはないのか、勉強法はそうすればいいのか、などこれから資格取得されたい方・宅建の勉強方法を知りたい方にお役に立てればうれしいです。

ぜひ最後までお読みください。

宅建とはどんな資格なのか

宅建は略語になります。正式には「宅地建物取引士」といいます。

宅地建物取引業法に定められている国家資格者であり、不動産会社が行う、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引をするときに、購入者等の利益の保護及び円滑な業務を行うために、不動産会社にいなくてはならない、不動産取引法務のプロフェッショナルのことです。

宅建の試験日は、年に1回しかありません

試験日は10月の第三日曜日です。年に1回の試験は試験会場も独特の雰囲気があります。

申込は毎年7月31日までですので受験をお考えの方は申し込み漏れのないようにしましょう。

申し込み方法は、インターネットが簡単でおすすめです。

宅建の難易度について

宅建の合格率は毎年ほとんど同じで15%~17%の間です。

法律系資格の登竜門といわれる資格でもありますので、いろいろな方いろいろな用途でが受験されています。

試験会場には様々な年代の方がいらっしゃいます。受験される方は、不動産業界の方だけでなくいろいろな職業の方がいらっしゃいます。

そんな中、合格率が15%~17%ですので勉強のやり方によっては独学で合格することが可能です。

効率的に学習することでライバルに差をつけましょう。

宅建合格までの勉強時間

宅建の独学に必要な勉強時間は、バックボーンの知識量によって違います。

全くの初心者と違い、再受験や宅建の勉強をしたことがある人は、勉強開始する際にすでにある程度知識があるからです。

初心者の場合は、覚えることが多いのである程度の勉強時間が必要になります。

特に民法は民法固有の言い回しなどがあるためなれるのに時間がかかります。

宅建を独学で合格を目指す場合勉強時間は、初心者では200~300時間と言われているようです。

過去に勉強したことがある人ならば覚えている知識の量によって変わりますが100時間くらいでしょうか。

おすすめの勉強方法は短期間で知識を詰め込んでしまうことです。

3ヵ月前から1日2時間~3時間集中して学習することにより、効率的に知識を習得することが出来ます。

人によっては、「勉強時間を確保することが難しい」と思われるかもしれませんが、宅建は他の国家資格と同じように実務が大切な資格になりますので、試験で習得する資格は実際には役に立ちません。効率よく資格取得してしまいましょう。

また、最近は通勤時間にゲームなどやられる人がたくさんいらっしゃいますが、そういった時間を有効に使うことで1日2時間くらい確保できると思います。

宅建のテキストにはスマホ対応しているものが多数ありますのでそういったテキストを使うことでより効率的に学習していきましょう。

宅建を独学で合格するためのおすすめテキストについて

宅建は世の中では独学で合格できる資格と言われています。

もちろんその人が今まで勉強してきた経験や法律に携わっていたかなど考慮しなければいけないことはたくさんありますが。今回はいろいろな用途に分けておすすめのテキストをご紹介いたします。

うかるぞ宅建士 これだけ基本テキスト

うかるぞシリーズの宅建版です。

こちらは、シナノブックにIDを登録することで、スマホにテキストを簡単にダウンロードできます。

国家試験系の問題集やテキストは、重くてかさばります。電子書籍としてお使いのスマホやタブレットにダウンロードすることでいつでもどこでも、ネット回線を使わずに学習することが出来てしまいます。

効率的に宅建の基礎を学びたい方にかなりおすすめのテキストですのでもし、テキストにお悩みの方がいらっしゃれば、これはおすすめのテキストです。

うかる! マンガ宅建士入門

今まで参考書を使ったことがない方、法律系の知識が全くない方におすすめのテキストです。

法律の学習をしたことがない方に馴染みのない法律用語なども、具体例やイラストを使ってわかりやすく説明してくれてます。

分野ごとの重要ポイントをしっかりと押さえているので、宅建基礎だけではなく本番でも役立つ実力をつけることができます。

まずはこちらを皮切りにテキストを読むと理解が深まりますので、民法などでつまずいてしまっている方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト

資格のTACが出版しているテキスト+過去問集です。

1冊でテキストと過去問がオールインワンですのでこのテキストを何週もやりこめば合格に必要な力が身につきます。

ある程度宅建の学習をされている方には、おすすめのテキストです。

スッキリとける宅建士 過去問コンプリート12

資格のTACが出版している問題集です。

過去問もついておりますので、宅建の試験を受けたことがある方にはとくにおすすめの問題集です。

内容もすっきりまとまっています。問題も見開き1ページにまとまっているため流し読みも可能です。

この問題集は流し読みを2・3回実施すると宅建の出題癖が理解できるので本番でも応用力が身につきます。

問題集でお悩みの方にはこちらの1冊をおすすめします。

パーフェクト宅建 要点整理

ある程度、基礎がある人ならば、要点を調べるのに役立つ参考書になります。

図なども使って見やすいレイアウトなので、宅建試験の要点を抑える意味では重宝するでしょう。

テキストも200Pほどでまとまっているので本気で時間を割けば1日で読破することも可能です。

問題集を何周か学んだあとに読まれると効果的だと思います。

このテキストは試験の1か月前にあると役立ちます。とても薄いので勉強時間の節約にも役立ってくれるからです。

宅建の予想問題で実際の出題形式になれる

毎年6~7月頃になると、各資格会社から宅建の予想問題が発売されます。

8月ごろには1度宅建の予想問題を解いておくことをおすすめします。

よく予想問題を最後の追い込みで使う方がいらっしゃいますがあくまで、宅建試験に合格することがゴールなので試験形式には早めに慣れてしまった方が効率的に問題集を解くことが出来ます。

また、早いうちにご自身の苦手分野を把握した方が直前で、予想問題集を使って点数が悪くて焦らなくて済みます。

宅建合格に必要な知識は問題集の中にありますので、まずは問題集を完璧に近づけることが先決ですが予想問題を解いてみて理解できないところが出たら、テキストに返って理解を深めることが大切です。

予想問題集はLECやユーキャンなど、資格スクールを展開している会社の問題集はかなり質が高くおすすめです。

宅建試験に合格するための効果的な学習

宅建試験を合格するには、インプットとアプトプットを短時間で繰り返すことがカギになります。

宅建試験で出題される問題の傾向も過去と大きく変わらず、しっかりとテキストと問題集を繰り返せば独学でも合格は難しくありません。

繰り返し同じ問題集やテキストを使っていくと飽きることもあるかもしれませんが、問題集に×や〇を付けてみたり解らないことを書き込んでみたりすると愛着がわくものです。

やると決めたテキストや問題集をひたすらやりこんだ方が結果として合格への近道になります。ご自身で選んだテキストを信じてやりこんでいきましょう。

宅建の勉強方法まとめ

宅建を独学で合格するには、広い学習範囲を計画的に勉強することに苦労しますが、効率的に勉強すれば、短期間でも合格ラインに届く実力をつけることができます。

独学のポイントとしては、繰り返し同じ問題集をやりこむことが大切です。

テキストは概要を理解するために最初に使った後は、問題集を徹底的に勉強しましょう。

解らないこと・理解できない問題に当たったときはテキストにを使って理解を深めていくと効果的に勉強できます。

宅建はインプットとアプトプットを効率的よく繰り返す学習で、合格率を向上できる資格試験です。

難易度は決して低くはありませんので、繰り返し学習を徹底して行うことで合格を目指していきましょう。



ABOUTこの記事をかいた人

モリオ

どうも!モリオです。 今年、長年付き合っていた恋人と結婚しました。 うちのかわいい鬼嫁について記事を書いていきます。 少しでも、読んでくださった方の役に立てればこの上ない幸せです。