やる気が出ない…。退職決めた後に取るべき行動について考えてみる

やる気が出なくて寝ている画像





どうも!モリオ(@yome__kawaii)です。

やる気ってなかなか出ないですよね…。

以前こんな記事書いてます。

やる気が出ないときに試してほしい、モチベーションを上げる方法について考えてみる

2017.11.20

この記事を書いた頃は、会社をやめるかやめないかちょうど悩んでいた頃です…。

最近のやる気が出ないことの原因は、

モリオ
会社の仕事やっている場合ではない!自分の仕事に集中したい。

会社退職が決まった後は、モチベーションも違うところに向かいます。

今の会社やめると決まってから4ヶ月も残らんといけないのでやることあんまりないんですよね。

早期にやめさせてくれればいいのにとは言いつつもお給料はもらっているのでその分は働かないと!

今日は、退職が決まった後のモチベーション維持の方法の記事になります。

退職決まった後、会社のために努力するのは無駄?

人によって様々だと思います。

「今までお世話になった会社なんだから、最後会社の利益に貢献するべきだ」と考える方も多いでしょう。

ごもっともで頭も上がりませんが、本当にそうでしょうか?

僕は、「次の仕事に向けて全力を出した方がいい」と思います。

即戦力になってこそ転職の成功

大泉洋
転職するもしないも人生

リクナビのCMで大泉洋さんも言ってますが、転職をすると決めた場合は、転職先の企業が望んでいることは「即戦力」になる人材です。

ぶっちゃけ、転職先は業界知識とか必要な勉強をして入社して来て欲しいわけです。

有給休暇が40日MAXあって、会社やめるまでに余裕がある場合はその間に勉強すればいいかもしれませんがそうじゃない場合も多いと思います。

転職で次の職場に就職した時のことを考えた行動は転職先のためだけではなく自分自身のためにもなるので絶対に準備した方がいいです。

退職後に成果を上げようが評価されることはない

僕自身、光通信をやめる最終日まで営業活動してました。

最終日もかなり売り上げあげたんですが、インセンティブももらえず。他の人に売り上げがついてしまうという…くそみたいな結果になったんですが。

その時は、

モリオ
残っている人のためになったならいいかなぁ…

と思いましたが、甘いですね。

仕事は自分のためにやっていることであり、他の人のためになっても自己満で終わります。

もちろん最低限の引き継ぎは必要ですが、それ以外のことに感情を持つ意味がないと思います。

退職は残っている人に後ろめたい気持ちが残るものですが、だったらやめなければいいと思います。

同じ業界に転職するのであれば役に立つ場合もある

もちろん同業界に転職する場合は、営業先や商品知識など次の職場で使えることも多いでしょう。

その場合は、退職が決まった後でも努力することは無駄ではないでしょう。

次の職場のために吸収できることは吸収して使うべきだと思います。

まぁ、やめる会社が許してくれることが前提ですが・・・・。

退職が決まったら資格の勉強を始めてみるのもあり

とは言っても、転職先の勉強とかは課題図書などを与えられないと難しい場合がありますよね。

自分から、次の職場の総務・人事の担当に「課題」をもらいに行くといいかもしれません。

「この人やる気あるな!」と評価が高くなることが多いです。

それが面倒な場合は、好きなことをやるのもいいですが、僕自身は資格の勉強をすることをおすすめします。

転職活動ってめんどくさいし大変なので、転職先が内定すると安心してやる気もなくなってしまうものです。

そして、転職先もずっと会社が存続するかわからない時代です。

自分の強みになるような資格はこれからの人生を助けてくれるかもしれません。

ぜひ時間があれば勉強してみてはいかがでしょうか。

退職が決まってやる気が出ない時のまとめ

転職活動は大変なので終わると一安心してしまいがちです。

今の会社の引き継ぎも忙しいかもしれません。

ですが、新しい会社に入社すると新しいスタートとなるので、その準備をしていたかどうかで転職後の仕事を覚えるスピードが変わってくるのも事実です。

転職先で認められる人材になるために、退職が決まったら早々に次の仕事の準備をしてしまいましょう。



ABOUTこの記事をかいた人

モリオ

どうも!モリオです。 今年、長年付き合っていた恋人と結婚しました。 うちのかわいい鬼嫁について記事を書いていきます。 少しでも、読んでくださった方の役に立てればこの上ない幸せです。